のうげの穴

脳神経外科で働くあなたの為にブログを書きます!
医師、看護師、コメディカルの方の少しでもお役に立てられたら幸いです。

脳外科で良く使う略語(りゃくご)

脳外科で良く使う略語をまとめています。 のうげ略語ナンバー1ブログを 目指しています!


A 



ACA   前大脳動脈

Acom 前交通動脈 「エーコム」といいます。脳動脈瘤の好発部位。

AchA   前脈絡叢動脈(ぜんみゃくらくそうどうみゃく)。「アンコロ」とかいいます。

ACT   活性化全凝固時間 アンギオ検査中に良く聞く用語です。 

ACTH   副腎皮質刺激ホルモン

ADH   抗利尿ホルモン

ADL (Activities of Daily Living)の略で、「日常生活動作」

AEDH 急性硬膜外血腫 「エピドラ」といいます。

Af 心房細動 atrial fibrillation の略です。

AICA 前下小脳動脈 「アイカ」といいます。 

ALS   筋萎縮性側索硬化症

AN 動脈瘤 「アニュリズムまたはアニャリズム」の略語です 

AO   大動脈 アオルタって略さず言う場合が多いかな

ASDH 急性硬膜下血腫瘍 

AtoA 動脈原性脳塞栓症「エートゥーエー」って言います。

AVM 動静脈奇形

B

BA 脳底動脈

BBB   血液脳関門

BOT バルーン塞栓試験

BP 血圧(BPはbloodpressureの英語略で、他にもドイツ語でBDなどといったりします。意味は同じ) 

BS  血糖値 

BT   脳腫瘍


C

CA   脳卒中

CAS 動脈ステント留置術 「キャス」とかっていいます。

CAG 頚動脈造影

CBF 脳血流

CCA 総頚動脈 
 
CCF    内頸動脈ー海面静脈洞瘻

CEA 頚動脈内膜剥離術

CI 脳梗塞 セレブラル インファークションってよんでます。

CP angle   小脳橋角部

CPR   心肺蘇生法

CSDH 慢性硬膜下血腫 「ズブドラ」とかいわれると思います。

CSF 脳脊髄液 

CT   コンピュータ断層撮影

CVA   脳血管障害

CVD   脳血管疾患



D

DBS   深部脳刺激療法

DI   尿崩症

DIC   汎発性血管内凝固症候群

DIND 遅発性虚血性神経脱落症状  

DM 糖尿病 

DSA デジタルの血管造影   

Dissection ダイセクション 動脈などのかい離をいいます。略してダイセクなどと言ったりします。

E

ECA 外頚動脈

EDH   硬膜外血腫

EEG 脳波 

EOM   外眼筋運動

EPI てんかん

F

FA 大腿動脈 「へモラール」という先生もいます。

Fa 家族。Fa面会とかっていいます。 

FS   顔面痙攣
    
G

GCS   グラスゴー・コーマ・スケール

GH   成長ホルモン


H

HI   頭部外傷

HICH 高血圧性脳出血

HIA 高吸収域 MRIの画像の時たまにカルテに書いてあります。白い部分です

HR 心拍。健常者であれば脈拍数とほぼ一致する。正常値は60~80回/分。

Hr 尿。ハルンといいます。



I

IA   脳動脈瘤

ICA 内頚動脈 たまにAを省いてICと書く医師がいる。

ICH 脳内出血 カルテによく出てきます。

IC-PC 内頚動脈-後交通動脈分岐部

ICP 頭蓋内圧 

IH   脳内血腫

IICP   頭蓋内圧亢進

ITT   インスリン負荷テスト

IVH   脳室内出血

J

JCS ジャパン・コーマ・スケール。意識レベルを表す指標 JCS清明などいいます

K

KT 体温

L

L   腰椎

LIA  低吸収域

LHRH   黄体形成ホルモン放出ホルモン

LP   腰椎穿刺

M

MCA 中大脳動脈 

MCH   緊張性頭痛

MMT   徒手筋力検査

MRA MRIでやる血管造影 。造影剤は使わないのがポイントですね 

MRI   磁気共鳴画像

MS   多発性硬化症

MT  マーゲンチューブ。Mはドイツ語で胃、チューブは英語で管を足して作られた言葉です。


N

NC ナースコール。「NCあり」「NC押せる」などと書きます。

NPH 正常圧水頭症


O

OA 後頭動脈 

OPLL   後縦靭帯骨化症

OT 作業療法士




P

PCA 後大脳動脈

Pcom 後交通動脈 

PD   パーキンソン病

PET ポジトロン断層撮影

PICA 後下小脳動脈 

PNET   未分化神経外胚葉性腫瘍

PSP   進行性核上性麻痺

PT 理学療法士

PTA 経皮的血管形成術 

PVL   脳室周囲低吸収域



R

REZ 顔面神経根部 この部分の刺激で、顔面痙攣となる。

RF   網様体

RIND   可逆性虚血性神経症状

rt-PA 血栓溶解療法 

RT  放射線技師

S 

S   仙椎

SAH クモ膜下出血 「ザー」とか、いいます。 私の施設では、「ズバラ」とか、いいます 。

SAS   くも膜下腔

SCU 脳卒中ケアユニット

SDH   硬膜下出血

SIADH 抗利尿ホルモン過剰分泌症候群

SN   黒質

SPMA   脊髄性進行性筋萎縮症

SpO2  経皮的動脈血酸素飽和度。動脈血のヘモグロビンが酸素とどのくらい結合しているかをパーセントで表示したものである

SRS 定位的放射線治療

SS S状静脈洞

SSS 上矢状洞

ST 言語療法士

STA 浅側頭動脈

SU 脳卒中専門病棟 
 


T

T   胸椎

TCD 経頭蓋ドップラー

TIA 一過性脳虚血発作(そのままティーアイエーっていいます) 

t-PA   組織性プラスミノーゲン活性化因子

TRH   甲状腺刺激ホルモン分泌ホルモン

TSH   甲状腺刺激ホルモン

Tx   treatmentの略で治療。xは略語だよって意味で、直接関係してないです。


V

VA 椎骨動脈

VAG 椎骨動脈造影

VBI 椎骨脳底動脈循環不全 

VA-shunt   脳室心房シャント

VP-shunt    脳室腹腔シャント








脳外科で働くあなたの為に

少しでもお役に立てるよう

更新していきます 

脳外科でよく聞く薬

●浸透圧利尿薬

グリセオール
適応 頭蓋内圧亢進、頭蓋内浮腫


20%マンニットール
適応 脳圧降下、脳容積縮小が必要の時


●抗血小板薬

バイアスピリン
適応 一過性脳虚血発作、脳梗塞、心筋梗塞

パナルジン
適応 アテローム血栓性梗塞の再発予防、ズバラ後のスパズムによる血流障害の改善

プレタール
適応 ラクナ梗塞や主幹動脈の狭窄による梗塞の再発予防

プラビックス
適応 ECAの狭窄や主幹動脈の狭窄


●抗凝固薬

ワーファリン
適応 脳塞栓症、肺塞栓症、心筋梗塞の治療とか予防

t-PA
適応 発症4.5時間以内の脳梗塞


●ホルモン剤

プレドニン
適応 脳浮腫、髄液循環障害による頭蓋内圧亢進症状

水溶性ハイドロコートン
適応 外科的ショック

パーロデル
適応 乳汁漏出症、下垂体腺腫(ope適応じゃないもの)

サンドスタチン
適応 オペ後またはオペ困難な巨人症で成長ホルモン、ソマトメジンC分泌過剰の改善

●偏頭痛薬

ゾーミッグ
適応 偏頭痛

イミグラン
適応 偏頭痛

●抗てんかん薬・亢痙攣薬

デパケン
適応 てんかん、てんかんに伴う性格行動障害

テグレトール
適応 てんかん、躁うつの躁の時、三叉神経痛

アレビアチン
適応 てんかん

フェノバール
適応 てんかん、不眠症

エクセグラン
適応 他の抗てんかん薬では治療困難な部分てんかん

マイスタン
適応 他の抗てんかん薬では十分な効果が得られない部分発作

●向精神薬

パキシル
適応 うつ状態、パニック状態

デパス
適応 うつ病、神経症、心身症、緊張性頭痛、睡眠障害

●催眠鎮静薬・抗不安薬

セルシン、ホリゾン
適応 てんかん重積状態における痙攣抑制

アタラックス-P
適応 神経症による不安・緊張・抑うつ、麻酔前投薬

●パーキンソン病

シンメトレル
適応 パーキンソン症候群、脳梗塞後遺症に伴う意欲・自発性低下

パーロデル
適応 パーキンソン病

ネオドパストン
適応 パーキンソン病






下がり鎖骨(胸郭出口症候群)

みなさん下がり鎖骨ってしってますか?


私は今日この名前を初めてしりました。


朝テレビ(健康カプセルゲンキの時間)で肩こりの特集をしてて、その原因は下がり鎖骨にあります!


って言ってたんで、私自身も鎖骨は下がっていて私の体はそういう物だと今日まで生きて来ましたが病気だという事がわかりました チーン


ちなみに私の鎖骨↓
下がり鎖骨…そして、めちゃなで肩


私自身も肩こりがひどく、偏頭痛はもちろんのこと、最近右手がシビレるようになって来ました。



あわてて、頭のMR撮りましたが異常なし 脳梗塞は否定できました。


次に整形外科に行って、首と肘のレントゲン撮りましたが、異常なし。。。


うーん。でも手がシビレるのは何故??


って思ってたら今日のテレビでその答えを説明してたんで思わず書いちゃいました

●下がり鎖骨とは
下がり鎖骨は本来の鎖骨の位置よりも鎖骨が下がっている状態で、この状態が続くことで体に悪い影響を与えています。


●治し方
鎖骨と肩甲骨を動かすことで下がり鎖骨を解消させます。



おすすめの本
★今の私の一押し!★







これから脳外科で働く方には大変役にたちますよ!

★今の私のお気に入り本★



勝手にレビュー ★★★★★

私が脳外科で働くようになり、色々と本を買いあさったんですが一番のオススメがこれです。説明が非常にわかりやすく、患者に説明する時の最低限の知識と医療従事者(ナース)としての必要な知識と別れて書かれているので、より広い知識を細かく知ることができます。購入してから一年経ちますが、今でも私の必需本です。良書です。
  • ライブドアブログ