うちの病院では脳神経外科だけど、冠動脈(心臓のCTの事)CT検査を行います。
なんでだと思います???
ヒント:血流に関係があります。



検査内容はまた今度お話するとして、今回は前処置で使う薬の事について説明したいと思います。



2つあります



まず一つ目は・・・


セロケン(ベータ遮断薬)

この薬は、自律神経の働きを抑え心拍を下げ、心臓の動きを抑えて血圧を下げる効果もあります。
ずばり、CT検査でかなりの成功確率を操作するのがこの心拍なのです。

心拍が高すぎると(私の経験上70以上)画像がブレてしまって検査を行えない恐れがあります。

そこで登場するのがセロケンです。



心臓の動きを抑えて、診断に必要な画像を得るために使います。


うちの病院では、1時間前に患者さんに投与します。1時間かけて徐々に心拍が下がっていきます。



2つめは・・・

ニトロペン

この薬は、冠動脈の内腔を拡げて、心筋に供給される血液の流れをよくします。更に抹消(さきっぽの方)の血管の内腔も広がるので、心筋の貧血状態を改善することにも役立っています。


うちの病院では、CT検査開始時に患者さんの舌に投与します。患者さんには舌の下で溶かしてもらいます。飲み込まないように注意してください!意味がなくなりますよ。




以上の薬を使って冠動脈CTの検査を行います!